Twitterを使って、情報商材の販売をするコツ

「Twitterを使って集客をしたいけれど、おもうように集まらない」という方もいるとおもいます。
今回は、Twitterを使って、情報商材の販売をするコツを説明します。

1つ目のコツは、「メルマガを利用する」です。
これはできている人も多いかもしれませんが、Twitterから直接情報商材の販売をしても、中々購入してもらえません。
なので、メルマガをまだ利用していない方は、メルマガに一旦人を集めて、そのメルマガで情報商材の販売をすることをおすすめします。

2つ目のコツは、「ブログも併用する」というコツです。
Twitterだけで集客するのではなく、ブログも併用して集客をしていく事をおすすめします。
これはなぜかというと、Twitterの文字数って、そんなに多くないじゃないですか。
そのため、より濃い情報を届けるというのには向いていないのです。
なので、Twitterで情報発信をしつつも、適宜ブログに誘導していくことで、よりファンを獲得しやすくなるとおもいます。
メルマガの登録と違って、ブログは気軽に行ける点でもポイントが高いです。

3つ目のコツは、「投稿する時間を固定する」というものです。
皆さんは、毎日何時くらいに投稿するかを決めているでしょうか?
決めていないのであれば、この時間からこの時間までの間に投稿するというのをある程度決めておくことをおすすめします。
あるいは、予約機能を使うことも良いとおもいますね。

「暇なときにTwitterを見る」というのが癖になっている人が結構います。
では、「暇なとき」ってどんなときでしょうか?
例えば、バスや電車の待ち時間とか職場での休憩とか、暇なときって毎日ある程度決まっているのです。

なので、毎日同じような時間に投稿することによって、何度も何度も皆さんの投稿に出会う事になり、単純接触効果が絶大です。

4つ目のコツは、「適当なツイートをしない」というものです。
情報商材の販売を目指したTwitterならば、「趣味のツイッターではない」ということを認識するべきです。
ですから、皆さんがどこで何をしているだとか、どんなご飯をたべているだとか、そんな適当なツイートではなく、
しっかりと集客に繋がるようなツイートをする必要があります。
そして、短い文章しか書けないTwitterではありますが、その中でもできる限り濃い情報を書いていくように心がけましょう。

今回は、Twitterを使って情報商材を販売する時のコツについて説明しました。
皆さんも、これらのコツを使って、集客を成功させて欲しいとおもいます。
この記事が参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。